健康食品の中には、健康被害を引き起こしてしまうものがあります。体のためにせっせと使っている健康食品でも、適切な用法や用量を用いなければ意味がないどころかマイナスです。健康食品で起きるトラブルの理由には、色々なものがあります。どのような健康上の問題が、健康食品では起きるのでしょう。

保健機能食品などを含まないいわゆる健康食品に限定して確認してみましょう。副作用など予想外の作用が健康食品によって起きる場合は、健康食品の配合成分が直接的なトラブル源です。自分の生活環境や体調が健康食品と合わないことに気づかず、商品の人気やCMに乗せられて使ってしまうこともあります。定められた使い方を守らず、一度に大量の健康食品を摂取したという場合などは、健康食品を使う人が引き起こした健康被害です。

海外の健康食品は、日本では認められていない物質から作られていることがあり、それが健康被害を招いてしまうことがあります。健康を阻害するようなことが起きた背景に、いわゆる健康食品が関与していることはよくある話です。今後このような健康食品における健康被害をなくすためには、安全な素材を利用するということが前提です。